よくある質問(Q&A)

 よくある質問をまとめました。 ここにないご質問はお問合せフォームからお気軽にお問合せください。

納期について

国内縫製と中国縫製で加工期間が変ります。 納期の目安は、染と仕立をあわせて国内縫製の場合50日、中国縫製の場合は80日です。

すぐに納品できる商品はありますか。

ウェブに掲載している商品のうち、「在庫数が表記されている商品」は即納可能です。 1〜2営業日でお届け可能です。

同じ柄でお揃いの着物を作りたいが、納期はどのくらい掛かるか。

納期の目安は、染と仕立をあわせて国内縫製の場合50日、中国縫製の場合は80日です。 染め上がりの反物の在庫のある場合は、国内縫製で30日、中国縫製で50日で納品可能です。

後日、同じ色柄の着物を追加購入可能ですか。

弊社のオリジナル柄でしたら可能です。

シルックとシルジェリーの差はどうですか

シルックのほうがシルジェリーと比べて丸洗いしても、水はけが良く、型崩れがしにくいことが挙げられます。 また、シルックのほうが生地の風合い(見た目・触わった感じ)がより正絹に近いです。 ただし、業務用用途では生地風合い・機能面においては、シルジェリーで十分であり一般的に用いられております。 価格面から考えてもシルジェリーの方をお薦めいたします。

シルジェリーとテトエースの差はどうですか

シルジェリーのほうがテトエースと比べてしわになりにくく、丸洗いしても、水はけが良く、型崩れがしにくいことが挙げられます。 見た目にはシルジェリーとテトエースはあまり変りません。 ただし、生地を触った感じはシルジェリーの方がテトエースに比べてよりソフトです。 機能面ではヒザを付く仕事の場合は、シルジェリーの方が痛みにくく丈夫です。 和室でヒザをつくお仕事の場合は、シルジェリーをお薦めいたします。

国内仕立と海外(中国)仕立の違いはどうですか

国内仕立のほうが型崩れがしにくいことが挙げられます。 特に国内の東レの指定工場で仕立てた場合は、高度な技術とノウハウにより、 高品質な仕上がりになります。 丸洗いした場合に、国内仕立のほうが型崩れしにくく、長い間きれいな形を保つ事ができます。 使って頂くと分かる事ですが、国内仕立の場合、着崩れがしにくいのも特徴です。

着物と帯・小物組合せがわからないのですが

プロですのでどうぞお任せくださいませ。

着物や小物を単品だけでも購入できますか

1点からお買い求めいただけます。

代引きでのお支払いは可能ですか。

ヤマト運輸で取り扱い可能です。

オンラインショップメニュー

お支払い方法

クレジットカード

銀行振込  代引き

ご利用できます。

詳細を見る

 
カートの中
  • カートの中に商品はありません

営業カレンダー

※下記の青色が営業日です。

有限会社ワークプレタ
〒103-0007 東京都中央区
日本橋浜町2丁目60番3号
電話 03-5695-8555
FAX 03-5695-8540
shop@work-kimono.jp
詳しくはこちら



Top