東レ シルック

東レ シルック

 一流デパート、専門店でも取り扱いされている商品です。 主に着物地が高級呉服の絹製品に良く似た生地です。 変り織り、紬風、ちりめん風など、それぞれ特徴のある白生地に手染めから機械染め迄いろいろな染め方法があります。 染色技術も絹製品と同じような方法ですが、仕上げ方法が少し違うようです。 着物地そのものも東レの技術を生かして、光沢や通気性等、優れた製品に仕上がっています。 「このような上質な着物地を業務用に扱ったらどうでしょうか?」との質問がありますが、全く問題ありません。 むしろ、絹製品よりも数段取り扱いが良いです。

業務用ですと、

  • 汚れがよく付く
  • 裾がほつれる、裏地が破れる
  • しわになる

等の心配がありますが、東レシルックならば

  • 少々の汚れはネットに入れて洗濯機で丸洗いできる
  • 絹より丈夫ですから、なかなかほつれたり破たりしない
  • しわは、丸洗い後脱水機にかけず、少し水がたれる程度に日陰干しをして、 少々手でたたいてしわを伸ばし、あて布をしてアイロンで仕上げれば完全に直ります。

 価格的にも絹製品の安いほうと同格くらいです。 業務用ですと、どうしても長い間着用することが多いため、四季折々に数着ずつ持っていれば、長く使用できると思います。

春の着物

春向けの柄

 春は単衣で花柄をあしらった柄風、帯も季節に合った京袋帯、単衣帯とうも良いと思います。


夏の着物

夏向けの柄

 夏は、どうしても暑いので汗をかきますから、毎日でも丸洗いが出来る東レシルックが特に必要になってきます。 生地の素材も、駒絽、ちりめん絽、変り織り、紗織等いろいろなバリエーションで 柄粋も夏のデザインをあしらい、風鈴や団扇の型等も良いと思います。 仕立は単衣で居敷当を付けると背中より裾までが透けて見えないようになります。洗濯機での丸洗い方法は、 春秋冬物と全く同じ方法です。


秋の着物

秋向けの柄

 秋は春と同じように、ちりめん風、一越、紬の着物地に秋の風合いのススキやイチョウの葉、草花で全体に開きを漂わせるような感じの柄をお勧めします。仕立方法も春とおなじです。


冬の着物

冬向けの柄

 冬は、厚地のちりめん風等の着物地に裏地も付けたものが良いと思います。 どうしても寒いですから、全体的な柄風も暖かい感じの柄粋が良いと思います。


 帯も袋帯、京袋帯等がお勧めです。東レシルックを使用した帯もあり、柄も豊富に揃っています。

 特に注意する点として、裏地も東レシルック製品が良いと思います。 他メーカー素材を使用した場合、丸洗いをした時に表地と裏地の収縮性が違うと、裏地が縮んでしまったり、破れてしまったりというトラブルが多くなります。 表地、裏地、縫い糸までも東レ製品で仕上げをする事によって、東レシルック着物の実力が発揮されます。

 東レシルックを着用される用途としては、女将さんやリーダーさん等、一般職の方よりも幹部クラスの方のご利用が多いようです。 もちろん、高級割烹や高級クラブ、金額的に高価な場所や高品質な料理やおもてなしをされる場などでも、ぜひご着用ください。 お料理や器にも季節があるように、着用される着物で四季を味わえるのも楽しみのひとつです。 また、最近では、着付け教室の方々からも大変ご好評を得ているようです。

オンラインショップメニュー

お支払い方法

クレジットカード

銀行振込  代引き

ご利用できます。

詳細を見る

 
カートの中
  • カートの中に商品はありません

営業カレンダー

※下記の青色が営業日です。

有限会社ワークプレタ
〒103-0007 東京都中央区
日本橋浜町2丁目60番3号
電話 03-5695-8555
FAX 03-5695-8540
shop@work-kimono.jp
詳しくはこちら



Top